「やどかりの夢」影絵公演@Philippines Victorias 2


夕暮れ時のシティモールは、お買い物を楽しむ市民でいっぱいで、みなさん興味津々で公演のステージに集まってくれました!



初めての海外公演に向けて、演者のみんなは、それぞれの台詞を英語で練習し


影絵チームは、さらに進化した影絵を届けたい!と、出発ギリギリまで、いや、フィリピンについてからも新しい影絵シーンを作り、ドキドキしながら本番に挑んでくれました。


影絵の最後、ふたやどかりくんが出てきたときには、子どもたちもみんなキラキラした目で喜んでくれました!

私たちが、この初めての海外公演の中で絶対にやりたかったこと、それは、フィリピンのみなさんと輪になって笑い、輪になって踊ることでした。とにかく、輪になりたかった。

初めての土地、いろいろなことが初めての公演、全てがパーフェクトにいけるわけではない、としても!

フィリピンのみなさんと輪になって笑えたら、それは私たちやどかり一座の中で、ひとつの大成功といえるのではないか

そんな思いで挑んだビクトリアス市公演

最後の、みなさんの笑顔が全てです!!!本当に本当に嬉しかった!!!

Laughing in a circle、dancing in a circle  we are one

(やどかり音頭English バージョン)

これからも、世界中のあちこちで、皆で輪になって踊り輪になって笑いあいたい

そういう思いがこみ上げてしょうがなく、それをやどかり一座みんなで確認し合えた、ビクトリアス市の夜

沖縄の伝統、紅型の文化を、フィリピンのみんなにも届けたい、という思いでサポートして下さった、南城市のみなさん、本当にありがとうございました

私も紅型を愛する気持ちを、これからもっともっと伝えていきたいと思いました

この機会を与えて下さった南城市のみなさん、フィリピン、ビクトリアス市のみなさん

応援してくれている友だち、家族、そしてそして

大好きなやどかり一座のみんな

感謝の気持ちが溢れてとまりません

絶対に、自分の中で今回生まれたものを、みんなに返していきたいです

本当にありがとうございました!!!


やどかり一座   かめがいあすか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です