べんがら染×紅型


先日、べんがら染の産地、岡山県高梁市からやってきた講師、カマタエイイチさんによる、べんがら染ワークショップに参加してきました!

べんがら染は、鉄錆が原料の顔料を使って染める染物で、顔料や豆汁を使って染める紅型染めと、とても共通するところも多く、興味深かったです。


講師のカマタエイイチさん

大量の豆汁を用意してくれています!


豆汁と混ぜたべんがら。綺麗な色!

この三色を使っていろいろな布を染めました。


たくさんのべんがら染作品が完成しました✨

ワークショップで使った三色の顔料をわけていただいて、後日、紅型の型を使ってべんがら染をしてみました。


色は違えど、紅型染めと同じ要領で染められました!

でも、顔料の粒子の細かさなどが違い、うまく染められるか、完成まで予想がつきません。久しぶりのドキドキ感でした。

そして完成したのが、上の作品!!

使用したのは三色なのに、混ぜ合わせることで色のバリエーションがでてキレイです!それに、どの色も落ち着いたアースカラーで、しっくり、馴染みます

なんだかいろいろな可能性を感じてドキドキワクワク、嬉しくなる体験でしたー!

べんがら染で、大判の布もたくさん染めたので、またそれでも新しい作品が生まれてきそうです!

カマタ先生、ありがとうございましたー!!!

べんがら染、素晴らしい✨✨✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です