やどかりの夢の原画「あたらしい朝」

やどかりの夢のだいじな一ページ、「あたらしい朝」の原画を染めていました。

絵本「やどかりの夢」には、全てのページの、布に手染めで染めた原画があり、普段は虹亀商店に飾られていて、ときどき絵本の原画展なども開催しています。

絵本に使用した原画はどれも一点物ですが、全て販売もしています。

紅型は型紙を使って染める型染めという技法で作られるので、どの原画にも型紙があります。

原画をご注文いただいたお客様には、その型紙を使っていちから新しく手染めで染めてお渡しいたします。

型染めなので、絵柄は同じものが染められますが、色は一点一点染めるので、微妙なぼかしなどが変わり本当に世界にただひとつの一点ものです。

虹亀商店の商品はどれもこだわりの手作りなので、もちろんどの商品も心からおすすめできる大事なものですが

布に染め上げ、落款を押し、サインとシリアルナンバーを書いて額装してお渡しする原画には、我が子✨のような特別な感情があります。


そんなやどかりの夢の原画のなかでも、今のところいちばんの人気がこの「あたらしい朝」

絵本の物語のなかでも、とても重要で希望のあるシーンだからかもしれません。

わたしはシクシク泣いているやどかりくんのシーンも好きですが☺️

みなさんぜひ、絵本「やどかりの夢」の原画をみに、虹亀商店へ来てください✨

また原画展もやりたいなぁー。一昨年は沖縄、兵庫、大阪、東京で開催したのですが、昨年と今年は、よりすぐり数点という展示はありましたが、全ページ飾る大きな展示はやってなかったなあと思い返しました。

絵本の原画展も、開催が決定したらお知らせします!ぜひたくさんの方にみてもらいたいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です