先月の表札


紅型表札は、ご注文いただいた月の翌月末に完成、ということで制作させていただいています。
十月中に注文いただいたものが、十一月末に出来る、といったかんじです。
ひと月かけて、紅型の図柄を布に染め、オリジナルのお名前を型彫りし、次にその型を使ってお名前を染め、



その頃木工担当の者が木枠を制作し、
最後に染め上がった布を樹脂加工して木枠を付けて完成!といった流れで制作しています。
樹脂加工の行程からは、数点をまとめて作業するので、だいたい月末になると、表札加工日、という日を作ります。
天気や乾燥具合などいろいろな条件で作業の進み方が変わってくるので、毎回ドキドキ緊張感のある作業です。
が、そうしてできあがった表札が月末に勢揃いすると、おおーーー!!っと毎回興奮し、
並べて写真を撮ったりしています。
そしてご依頼主さんに、できましたよ!の連絡、
だいたい月の頭は、ファミリーで表札を受け取りにくるお客さんでちょっと賑やかになります^^
そんな流れで私(紅型担当)、ムラリビングさん(木工担当)、亀(加工担当)と、
それぞれの手作業を経て、完成する紅型表札
ひとつひとつがすごくかわいくて、思い出に残る制作になっています

また月末に出来るよ〜〜〜^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です