3月11日の節目の日に

今日は3月11日。東日本大震災から一年がたちました。
私たち家族は、ティダノワ祭会場でその時を迎え、午後2時46分に会場のみんなで黙祷をしました。



ティダノワ祭の模様
子ども四人引き連れての参加だったので、とぎれとぎれでしか写せてないのですが…
東日本大震災が起こった去年の今日は、日本の中で、ものすごくたくさんの人が
突然の出来事により、今までの大切な毎日を、一瞬にして失うことになってしまいました。
沖縄では、突然のショックな出来事で茫然自失の状態になってしまうことを「マブイ(魂)を落とす」といいますが
その日から私たちは、まさにマブイを落とした状態になり、今もそのまま毎日を過ごしています。
それでも、現実に次々とやらなければならないことはあるし、私たちは、生きていかなければなりません。
守るべきものがいっぱいあるからです。
マブイを落とした私たちは、これから永い時間をかけてでも、明るい未来をイメージして
そこに向かって進んでいこう。
3月11日から一年の節目の日に、人々の心の中に、希望がうまれているように。


ティダノワ手ぬぐいは、好評いただいて、売り切れしたようです!どうもありがとう!

夢有民じいさんとアル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です