作業場ジプシー

虹亀商店、2月28日をもって、お休みに入らせていただきました!
最後の三日間は、たくさんのお客さんに来ていただき、とっても楽しく閉店までの日々を過ごすことができました。
ありがとうございました!!
二年半ほど、店を続けてきて、やっぱり、店がない状態に突入するっていうのが、さみしくもあり、でも
やっとちょっとのんびりできるっていうのが、嬉しくもあったんです。
子供たちもいるし、店を続けていくためには、我慢してもらわなきゃいけないこともあったし
なにより自分として、張りつめていたものがなくなる、自由になれる期待っていうのもあって
3月に入ってフリーに動ける自分を、夢見ていた私だったんですが
実際お店を閉めて、片付け、引っ越し作業をしていると
すごくさみしくて、今まで当たり前にあった力の源のようなものが、消えてしまったようなかんじになっています。
数日前まで、最も現実的なかんじで生活の中にあった「店」が
何日かたっただけで、夢の中の出来事だったかのように、キラキラとした記憶となっています
虹亀工房は、いつもとっちらかっていたけど
私にとって完璧に使いやすいようにいつもそこにあったし
虹亀商店は、こぢんまりした店だけど、たくさんの人が来てくれました
あらためて、私には、「店」が必要なんだなって感じます
「店」
それは、ものをつくっている私が、いつでも、直に、作っている姿や作っている「もの」を
来てくれた人に、見てもらって、交流が出来る空間です
その場所が欲しくって、始めたのが「虹亀商店」だったんです
次の虹亀商店は、私たち家族の「暮らし」の場所と、同じ場所に作られます
自分たちにとって、もっと大きな、発信の場所となり、交流の場所となるように
いろんなイメージと期待を込めながら、準備を進めていきたいと思っています
さて!
慣れ親しんだ工房を失った失意の私ですが笑
ありがたいことに、近所のお友達の素敵な工房に、居候させてもらうことになりました!
じゃ〜ん!紹介します!

「工房まほらま」
ろうけつ染め作家、紀「のり」の工房です〜〜^^
工房まほらまは、同じ南部、今までの虹亀商店から車で十分ほどの
玉城当山というところにあります!
工房内にちょっとした展示販売スペースもあるのですが、工房がメインのため
観光雑誌などには載っていなく、知る人ぞ知るスポットです〜〜
南部にはまだまだ、知られざるいろんな「イイ場所」があるんですね〜〜
玉城小中学校や、役場などのすぐ近くなんですが
集落の中の、一見普通のお家なので、探してもなかなかたどり着けません!
電話で確認して来ていただければ、虹亀商店の紅型も、まほらまのろうけつ染めも
作業風景もまとめて見ていただけます!(そしてゆっくりゆんたくしましょ〜〜!)
ぜひ遊びにきて下さいね〜〜!!

まほらまのろうけつ染めは、独特の鮮やかな色彩で
服やバック、照明や小物など作っています〜
ひとつひとつ手描きで染めているので、世界でひとつ!
私もそうですが、機械で大量生産されるものとは違う、
気持ちや祈りのこもったものを作りたいと思っている、「ものづくり」の原点友達です〜〜^^
新生活、はじまりです〜〜!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。