新しい日々


ふわああああああ!!
なんだか久しぶりの気持ちでブログを書いています。
まず、きとねいち。
前日の大雨により、今回は残念ながら中止になりました。
中止になるまでの決断、大変なことだったと思います。
大雨…、三年前の、第一回きとねいちを思い出しました。
まだ今のように大きい市ではなく、出店するのはもともとの物づくり友達同士、
声を掛け合って、ってかんじでした。
なのでお店も多分、20店舗ほどで、当時の会場のむらさきむらの中の、
がじゅまる自然学校の建物の中に避難させてもらい、ひしめきあっての中の出店。
商品もぬれて、靴もぐしょぐしょだからみんな裸足。
冬で寒くって、けれど、なんだか自分たちで素敵な市が出来たっていう喜びで
みんなテンションは上がってた。
夜の「hanauta]のライブを、ひしめきあった中でみんなで聴いた。気持ちよかった。
あのとき始まったきとねいちムーブメントは、どんどん多くのパワーを巻き込み
回を重ねるごとに、さらに大きな力になっていった。
そんなときのこの、大雨!!!
第一回のときとは規模が違いすぎる、店舗数も格段に増えて、急遽避難なんてほど
身軽には動けない。
たくさんの人が準備をしている、たくさんの人が願ってる。
天気予報は期待させたり落胆させたり。
そんな中での決断、電話連絡、当日は会場でずっと来場者の方への対応、その他いろいろないろいろな
たいへんなことがあったと思います。
いつもこの楽しい市を作るために、全力で先頭に立って頑張ってくれているミツとダイキくん、
そしてそれをサポートするきとねクルーのみなさん、
本当に本当におつかれさまでした!!!
本当にどうもありがとう。
いつも私たちに、新しい出会いを与えてくれるきとねいち。
今回も私は、きとねいちのおかげでとても嬉しい出来事がありました。
石垣から、ものすごく久しぶりの友達が、出店のために沖縄本島にやってきたんです。
彼女と会うのは十年以上ぶり。
ずっとずっと会いたかったのに、気付けばこんなに長い年月が経ってしまいました。
私のてぬぐいと、彼女のアダン葉帽子を、物々交換しました。
大切にしようと思います。
Rooty-Toot-Toot展示会が終わり、きとねいちも終わり
私は今、気持ちもだいぶ前に向いて、新しい動きに入りだしたところです。
紅型も、私生活も。
紅型は、六月の慰霊の日に合わせて県立博物館で平和を願うアートイベントがあり
それに出展するための作品を作っていきます。
私生活は、ついに知念へ移る準備もし始めていきます。
よっしゃあ〜〜〜
我が道突き進む気持ちで、頑張ります!
Rooty-Toot-Tootのユニットはしばらくお休み。
最後に、展示会で選んでもらって旅立っていった
かわいい我が子のような服たちを写真でご紹介。(モデルはchoukraneののんちゃん優ちゃん)
達者でな!!!かわいがってもらえ!!!

「ガンガラーの谷のがじゅまる」これは、ドレッドのかわいらしい〜〜ぴったりな女の子のもとへ

「ブーゲンビリア」これまたぴったりの、虫好きな女の子のもとへ(この地の草木染めはコチニールという貝殻虫)


このjahライオンはNew Yorkへ行くそうな

このキモノスリーブ「ブーゲンビリア」は、お客さん(Yさん)が、お買い上げ後、
着たまま帰ってくれました!Tokyoへ〜〜!
Rooty Toot-Tootの展示会に来てくれたみなさま!
改めて、本当にどうもありがとう〜〜〜!!
また会う日まで〜〜〜

1 thought on “新しい日々”

  1. こんにちわ〜
    ガンガラーの谷のがじゅまるをいただいたチエです
    とっても気に入って大事にかわいがってます♪
    次は子供服欲しいと思ってるんでお店楽しみにしてますね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。